英語教育は地域教育

home > 主張 > 英語教育は地域教育

   

教室

英語教育は地域教育



 2011年度から必修になる予定の小学校英語教育。私はこの小学校英語教育に非常に期待をよせています。

 小学校英語教育は今までの中学以上のそれと違ってコミュニケーション重視です。英語教育の最大の目標は会話をし意思疎通ができることと認識されています。その認識のもと、中高でもコミュニケーション重視のクラスを導入している学校も数多く存在します。

 しかし私が期待をよせているのはコミュニケーションの内容についてです。まずは自己紹介をするのが会話の基本ですが、その中で自分について、自分が住む地域について話をすることがまずは必要になってくるのではないでしょうか。

 その中で今までの教育ではあまり浮き彫りにならなかった地域の良さや特徴について再認識することを英語教育が可能にしてくれると考えているのです。

 英語教育がおこなわれることで、実は地域について学ぶ時間が増えるのではないかと思っていますし、逆に増やさなければいけないとも思っています。

 自分のこと、地域のことをしっかりと認識することで自分という存在を今までとは違う形で意識し、自信を持った子どもを育てることが出来るというところに私は今回の小学校英語教育の真の狙いがあるのだと信じてやまないし、そうしていかなければいけないと強く感じていす。

>>戻る

Copy right 永井まさと Since 2010